人生とは投資であり、投資とは人生である

楽しんでなんぼのこの世界。何に時間を使い、何にお金を使うか。どの道を選び、どんな仕事をするか、しないか。すべては自分という資を投じる行為。投資とは人生そのものである。

【雑記】ついにZOZOSUITが届くのね。

f:id:tsumuri1431:20180421004643j:plain

 

【ZOZOSUITお届け日について】
7月6日~7月12日にお届け予定

【お届け方法について】
ヤマト運輸「ネコポス配送」にて、ポスト投函で配達を行います。


発送準備が整い次第、改めて発送メールをお送りいたしますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

というメールが届きました。

いよいよ届くのかな。2か月先なのでまだ未定と解釈しています。

 

 

 

ホームページの動画を見たんですが、携帯で全身を撮影して採寸とはすごいな。

http://zozo.jp/

f:id:tsumuri1431:20180427234954p:plain

 

 

しかし、デザインがなあ。

まあ採寸用だから仕方ないけど、僕は前のガンツみたいなやつがよかった。↓

f:id:tsumuri1431:20180427234956p:plain

 

 

素材がポリエステル89%、ポリウレタン11%ということは競泳水着のような感じでしょうか。

ポリウレタンという素材は、パーカーやアウター系のリブに5%前後入ってることが多い素材で、ストレッチが利きます。

 

 

 

さて、

ZOZOSUITが一通り配送された後どうなるか・・・。

 

 

僕は個人的に結構問題点があると思います。

クレームが増えるんじゃないですかね。

採寸自体はおそらくけっこう精度が高いとおもいます。

測り直しもできるならなお良しですね。

 

 

しかし、

先日記事にしたのですが、 ↓

tsumuri1431.hatenablog.com

 

問題は、古着の場合は特にですが、アイテムの寸法が実はかなりいい加減だということです。

なぜなら査定と採寸はおそらくバイトが適当にやっているんじゃないかと思います。

例えば着丈なんて、どこから測るか結構曖昧なんじゃないかと予測します。

パンツの寸法なんて正確なことのほうが稀です。逆に言うと、次にアイテムの寸法も正確になったらもはや路面店いらないですよね。

 やはり、一番フィットする服の寸法を把握しておくことだけを僕はおすすめします。

 

とりあえず来届いたら試してみようと思います。

なんだかんだ言っても新しいことには前向きにトライトライ!