人生とは投資であり、投資とは人生である

楽しんでなんぼのこの世界。何に時間を使い、何にお金を使うか。どの道を選び、どんな仕事をするか、しないか。すべては自分という資を投じる行為。投資とは人生そのものである。

【人生投資家P】人生逆張りが期待値大!

 

f:id:tsumuri1431:20181104142236j:plain

 

 

あなたは人と同じ方向に進んでいませんか?

 

  

こんにちは。

今回は【逆張り】についてのお話です。

 

ざっくり言うと、みんなが進む方向へ行くのが【順張り】、逆を行くのが【逆張り】です。

 僕のように日本で生まれ育った人は集団意識が強く、集団心理の進む方向へ同じように進む方が多いのではないでしょうか。

 

 投資に携わっていない方には難しいお話ですが、良かったら聞いてみてください。

 

  

【第19話】俗世間からの逆張り手法【人生投資家Program】 - YouTube


 

 

【第20話】得よう得ようの逆をやると期待大になる【人生投資家Program】 - YouTube

 

  

僕はかれこれ福祉の仕事を6年ぐらい続けています。

以前は、年数を重ねて、それに見合った資格を取り、それなりの責任を与えられてそれなりの立場に立って、キャリアを積み重ねて、収入も上がっていく・・・。そして役員を経て独立?・・・。

そんな人生を思い描いていたように思います。それらはすべて自分が得るものをベースにしたものの見方でしかありませんでした。

順張りですね。

 

今は正社員で働くことを止め、バイトしながら好きなことをしています。

やりたいことに必要な資格はすでに持っているので、それ以上に不要な肩書を得ることも、今後キャリアアップすることもありません。

永遠のフリーターであり、家事手伝いです。

 世間からは逆張りかな?

 

 

 仕事の中身に目を向けると、以前は、いかに利用者が快適でスムーズに日常生活を 送っていけるかを考えて上手に支援するかを考えて働いていましたが、現在は、利用者の充実度が少しでも上がればいいなあと願うのがメインの仕事です。支援をすること自体には特に重点を置いていません。

仕事をしていて「自分で自分がどうしたいのか気づいていない」人が多いなあ、と良く感じます。

なので、今目の前にいる利用者一人一人に、自分で自分のやりたいことや臨んでいることを見つけてもらって、自分でそれを叶えられるようがんばってもらって、自分で人生の充実度を上げてもらう、そういう仕事のスタイルにシフトしました。

どうしても無理なところにだけ手を貸すだけで、基本的に横にいるだけ。

自分が何かを得るためではなく、本当に目の前にいる人にとって良いことは何か、自分が与えるべきことは何なのかを考えて今の形を選んでいます。

 

 

客観的に以前と現在の自分を見くらべると、仕事量は激減しているし、収入も激減しています。

だけど、圧倒的に充実度が上がっています。そして仕事が充実することで僕の人生そのものがより充実していて、経済的にも安定しています。

  この感覚は体感しないと実感に届かないと思いますが・・。

 

 

 

 

逆張り、 逆を行くと考えるとなかなか難しいので、

「人と同じ方向に行かない、そっちは避ける。」

ぐらいでとりあえず良いと思います。

 それがサラリーマンであれば、お金や自分の評価を得るために頑張ることだったりするわけです。

 

 

 みなさんも自分の人生に当てはめて、何が順張りで何が逆張りか考えてください。

手堅く順張りするのも否定はしないけど、できたら勇気をもって逆張りをしてください。逆張り=希少価値です。もちろん、あくまで期待値と損失の話です。わかりにくい方は過去の動画も視聴してみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^