人生とは投資であり、投資とは人生である。

楽しんでなんぼのこの世界。どこに時間を使い、どんな仕事をし、誰と付き合うか。すべては自分という資を投じる行為である。人生とは投資であり、投資とは人生である。日々悔いなく生きよう。

【ひとりごと】猫が2匹死んでいた。

f:id:tsumuri1431:20190219010705j:plain

 

 

 こんばんはこんにちは。

 

 

日付変わって昨日は珍しい出来事がありました。

 

 

一日に2匹の猫の死体を見つけたのです。

 

 

 

 

一匹目は、夜勤から帰宅した朝9時半ごろ、自宅マンションの入り口にて。

 

ゴミボックスがありその横に段ボールを立てかける場所があるのですが、

そこの段ボールに寄りかかって、リラックスして静かに眠っていました。

 

 

そういえば、僕にとっては人生で初めての見る猫の死体。

 

 

何となくただ眠っているだけじゃないな、と思いながらも、

死んでいるという確信もありません。

 

 

体を撫でてみると、とても冷たくて、固くて、瞬時にそれとわかりました。

よく見るとお尻のあたりがボロボロで、

出血の痕らしきものが、近くの階段にありました。

 

 

その猫はこの辺に住み着いていて、よく姿を見かけていたし、

一度だけ僕の部屋に入ってきたこともありました。

 

 

 (この子です)

f:id:tsumuri1431:20190219011128j:plain

 

 

何ともまあ・・・複雑な気持ちで。

 

悲しいといえば悲しいけれど、可愛がったわけでもない。

 

どちらかというと、眠っている姿が穏やかだったので、安心したというか・・・。

 

でもやっぱり寂しい悲しい気持ちもあるし・・・。

 

 

 

 2匹目。

先ほど23時ごろに買い物帰りの道中で発見しました。

 

こちらは写真はありませんが、黒猫で、歩道の端っこに、

これまた(1匹目と全く同じ格好で)静かにリラックスして眠っていました。

 

自転車で通り過ぎたのでほんの一瞬の出来事でしたが、

今度は見た瞬間に死んでいると判断ができました。

ケガの部位は忘れましたが、出血も瞬時に確認できました。

 

 

 

 

 そして、ここからが人間らしいというか。

 

 

2匹目を発見した後、

「これは何か悪いことが起こるかもしれない」

「いや、むしろいいことの可能性もある」

みたいな考えが勝手に浮かんできました。

 

 

「今までの人生で経験したことない不吉なことを、

一日に2回も経験するなんて!」と。

 

 

以前ならそのまましばらく信じて変に考え込んでしまいましたが、

今の僕の思考回路では、「たまたま」のひとことで片付けます。

 

 

なんていうか、

そんなことが思い浮かぶこと自体人間らしいというか、

こういう何気ない日々の出来事から影響を受けて、

わざわざ物事を複雑にしている人間って面白い生きものだなあ、

と自分の思考を通して感じました。

無意味に意味づけして無意味を重ねる・・・みたいな。

 

 

 また、一匹目を発見した時、

僕自身が時間に余裕がなくそのまま昼勤に突入することもあって、

とりあえず放置して帰った時にまだそこで眠っていたら、

ネットで検索するか、管理会社に連絡するかして、僕が何とかしようと考えていました。

 

 

しかし、疲れて帰ってきた僕は眠たくて仕方がなく、

その子のことをすっかり忘れていて、

部屋に入ってしばらくしてから気づいて確認しに行きました。

 

 

何とも現金で「人間らしい」・・・。

 

 

そしてもちろん既にそこに猫の姿はなく、段ボールもきれいに片付いていました。

 

 

 

これまた何とも潔く「猫らしい」・・・。

 

 

そんな人間らしい人間と、猫らしい猫・・・の一日でした。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^