寝ても覚めても福祉道

2020.08~ 株式投資に関する記事は止めて、仕事(福祉)に関する記事を書いています。利用者家族や介護職員の心の充足や支援方法について発信しています。

通所・入所を断られてしまったけど…何が悪かったの?

f:id:tsumuri1431:20200930010301j:plain

 

こんにちはこんばんわ、OKUです。

今回は「通所・入所施設を断られること」についてお話します。

 

 

★はじめに

・生活介護を見学に行った後、事業所側から契約するのを断られました。

 

・特別支援学校を卒業して就労Bに通ったけど、半年後に断られました。

 

・ショートステイを一度利用してみたら、次回からは対応できないと言われました。

 

こういったお話は、仕事でも自閉症や知的障害者の方の親御さんからよく聞きますし、実際けっこうな割合で経験があるのではないでしょうか?

 

その中には、けっこう重く受け止めて悩んでしまう方も多くいらっしゃって、何が悪かったのかなあとか、次はどうすればいいのかなあって、不安になったりヘコんだりされると思います。

 

でも、僕の個人的な意見としては、断られることは決して悪いことではないし、むしろより前向きな選択をしていく良い機会だと考えています。

 

★なぜ、断られるのか


一番大きな理由は、「今のスタッフでは対応しきれない」ことだと思います。

 

一人だけ特に行動障害が出る重度の方などは、他の利用者さんに危害を加えたり本人がケガをするリスクも高いです。

 

また、対応できる職員が限られたりすると、事業所の中でその方一人のために人員配置や休みの割り当てを決めたりするところまで労力を割かないといけなくなるけど、なかなかそこまで余裕がない場合が多いです。

 

1対1で職員をつけると、当然ほかの部分が手薄になりますし、もう少し本音を言うなら、そのことで他の利用者さんのご家族からのクレームが増えたりすると、事業所としても煩わしいことが増えます。

ご家族同士の人間関係にも影響があるかもしれません。

 

 

★最善策を選んだ結果

なので、最も無難な選択をした結果が、断ることだったと考えればいいと思います。

 

ぶっちゃけで言うと、事業所側は親御さんの人間性も見て受け入れを決めている部分もあります。

 

僕が移動支援を担当していた20代後半の男性(軽度自閉症)は、自傷も他害もなく大声を上げることもない穏やかな方ですが、生活介護も就労Bも何度か断られていました。

 

ご本人を見ていたら理由が見当たりませんが、お母さんがモンスターペアレント気味で我が子に過保護で、理不尽な批判や自己中的な主張が強い方でした。

 

でも、僕はそのお母さんのことを否定するつもりはないです。

 

愛情深い良いお母さんだと思います。自分の子が可愛いのは当然だし、変える必要はないと思います。

 

でもだからと言って、事業所側も断ってはいけないとは思いません。

 

そういう親だと正直ウザいと思うし、煩わしいことが増えそうなのは目に見えてます。

 

それでいいと思うんです。

お互いにとっての最善策が、他の施設を探すことだったというだけです。

 

★さいごに

何事も量子論だと僕は思っていて、どういうことかというと、結局は人との出会いとか事業所との出会いとかって、回数が大事だと思うんですね。

仕事や恋愛も全部そう。

 

その中で、良い化学反応が起きる人や場所との出会いが、利用者さんご本人にとって幸福に近づくことだと思うので、どんどん次に行ってください!

 

誰も悪くないし、何も悪くないです。

 

断られたら、新しい出会いのチャンスです。

 

みなさんの健闘と幸福を願ってます!!

 

最後まで読んでいただき。ありがとうございました^^

 

⭐OKUの公式ラインアカウントを作りました。福祉の仕事に携わる方やご家族の無料悩み相談を24時間承っております。

登録方法は、ご自身のLINEを開き、<友達追加>から下のリンク内または直接QRコードを読み取っていただくか、ID検索で、@484lyfpgと入力していただくと登録可能です。ぜひご登録ください。

https://bit.ly/2OBuKa9

OKU QR小